実践型マインドリーダー養成プログラム #3

03/21/2018

3月16日 13時〜18時30分 @神田

フォレスト出版さんと共同で行なっている
「実践型マインドリーダー養成プログラム」
全四回のうちの第三回目を
神田で行ないました

第三回目は
ゲストに私も理事を務める
日本マインドリーディング協会の代表理事
ロミオ・ロドリゲス・Jrさんをお迎えして
特別講義をいただきつつ

自分のタイプと
相手のタイプを意識したコミュニケーション

そして
目的を達成するための
トークスクリプトの作り方をワークしました

 

実は
この回は
前回までと大きく違っています

それは
参加者全員が
自分のタイプを知って
参加したはじめての回だからです

 

エニアグラムは
自分のタイプを
誕生日や名前から
自動的に割り出すものではありません

自分で
自分を分析し
自分のタイプを類推しなければなりません

 

そして
エニアグラムに限らず
自分で自分を分析し
自分のタイプを類推する場合

自分のタイプは
往々にして分からないもの

この世で一番分からないのは
自分のことだからです

 

性格の四重同心円構造
という考え方があります

こんな図です

 

外側から

「役割的性格」
自分に与えられた役割
(父親、母親、社長、学生など)
にのっとった発言や行動

「習慣的性格」
住んでいる国や地域の文化的習慣や
日常の生活習慣によって形成されていく部分

「狭義の性格」
一般に人格と言われているもの
幼少期に作られ変えることができない

「気質」
もって生まれたもの
変えることができない

となっています

 

エニアグラムが扱うのは
一番真ん中の「気質」

つまり
自分のタイプを知るためには

役割の自分を脱ぎ捨て
習慣の自分から抜け出し
狭義の性格の自分をくぐり抜け

そうしてはじめて
自分のタイプにたどり着くことができます

 

これを自分一人でたどりつくのは
とてもとても難しいこと

ネット上には
幾多の診断ツールがありますが

その診断ツールで
正確に自分のタイプにたどり着いた人を
残念ながら僕は知りません

それくらい
自分は自分を分からないのです

 

そこで助けになるのが
専門家の客観的な目

私は2月
5日間を使って
参加者全員と30分にわたるインタビューを行い
タイプをプロファイルしました

そのタイプを持って
全員が参加した第三回

「これまで霧のように感じていたいことが
タイプが分かった今回参加することで
すべて手に取るように分かった」


多くの方がお話していましたし

ここにきて
参加者の多くが
驚くような成果を出していきています

 

 

 

そして
成果を話して聞かせてくださる
皆さんの声に触れる度

このプログラムをやっていて良かった!
と私は心から嬉しく感じました

 

翌日の18日は飯田橋で
エニアグラムにおける
自分の気質をビジネスに活かす
「ゼニアグラム」セミナーをしました

9時間という長丁場のうえ
少人数の参加者だったので
とても濃密な時間でした

 

実践型マインドリーダー養成プログラム
ゼニアグラム
参加の皆さま

プロデュースと運営をしてくださった
フォレスト出版さん

そしてフォローをしてくれた
マスターコースのみなさん

ありがとうごございました!

 

次もまた
「実践型マインドリーダー養成プログラム」

その最終回と卒業式を
4月21日に神田で行ないます

このプログラムの参加の皆さんは
本当に力をつけて結果を出しているので
卒業式がいまからたのしみです!