著書紹介

03/12/2018

私はこれまでに二冊の本を上梓しています。一冊目は「小さな会社のためのブランディング」の本で、二冊目は「対人スキル」の本。ジャンルはまったく違いますが、どちらも実際に私が体験したことを理論としてまとめた「使えることだけを伝える」本です。

 

「超人気キラーブランドは小さな路地裏のお店から」(フォレスト出版)

私が眼鏡店「モンキーフリップ」を開店してから、8年後に書いた本です。開店当時に「取扱いを予定していた海外フレームの仕入れが一切できない」という決定的な大問題を抱えて開店したモンキーフリップが、東海地方の若者男子の間で「欲しいブランド第4位」に選ばれるまでのことを書きました。

手前味噌ですが読みどころは「リアル』と「ロジック」の両方がキチンと入っている点。私が実際に体験したことを書いておりますので「リアル」であることはもちろんですが、ビジネスにおいてもよく言われる「成功した社長は自分の成功を理論的に語れない」ことがないよう、読んでいただいた方の再現性を担保する「ロジック」も意識して書きました。

その結果、この本をキッカケに立上げた「キラーブランド実践会」は、世界に進出したラーメン店や芸能人とコラボで店を出したヘアサロン、県からの依頼を受けて事業を拡大しているアウトドアスポーツ会社はじめ多くの成功者を排出しました。

 

「相手を完全に信じ込ませる禁断の話術 エニアプロファイル」(フォレスト出版)

上記の本から12年後に出した本です。12年の間には色んなことがありました。中でももっとも大きかったのは、目の前に上場企業の巨漢競合店が出店してきたこと。その店の圧倒的な低価格と品揃えに、私の積んできたマーケティング理論が脆くも崩れさり、売上げが半分になったからです。

活路は唯一、店頭でひとりひとりのお客さまに丁寧に接客をする局地戦にしかありませんでした。しかしそれがお客さまには圧力と映ったんでしょう。丁寧な接客を意識すればするほど客離れを起こし売上は下がっていきました。そんな私を救ってくれたのが「エニアプロファイル」です。

自己成長のための知見であるエニアグラムを、対人スキルとして私が再構成したエニアプロファイルは文字通り「破壊力抜群」で、モンキーフリップはエニアプロファイルによって蘇ることができました。

その後、リアルやネットで3万人以上にエニアプロファイルを伝え、倒産寸前のIT会社が年商1億円を超えたり、スタッフ不足に苦しんでいた治療院が採用率100%を達成するなど多くの成功例を生んでいます。

 

30秒心理テクニック100-人の心に忍び込み、思い通りに人生を開く

いまや書店に行けば、心理学を応用したテクニック本が所狭しと並んでいます。
しかしその多くは解説が長く読み解くのが大変なため、読むだけで終わってしまいがちです。どれだけ心理テクニックの理論を学んだとしても、使えないなら意味がありません。

僕自身、これまで死ぬほど心理学を勉強してきました。そして、学んだことを自分のビジネスに活用。実際の販売やマーケティングで実践し続けてきた結果、熱狂的なファンがつくアイウェアブランドを構築することができたのです。

それは、理論と実践の両面をカバーすることができているから。その信憑性と信頼性を伝えるために執筆したのが本書です。

「わかりやすく」「読みやすく」「実践しやすい」ように、無駄な解説は一切省きました。それぞれのテクニックだけに焦点を絞ったので、どんな人でも1項目30秒で読み解くことができます。

実践するごとに、相手の心にすーっと忍び込み、恋愛、仕事、お金、人間関係など、人生におけるさまざまな場面で、自分の望んだ通りの結果を出せるようになる。そんな「今すぐに使える」「効果的な心理テクニック」を100個厳選して紹介しています。本書が、あなたの人生を開くきっかけになりますように。

 


岸正龍の著書は、全国有名書店・アマゾンからお買い求めください。