販売促進:販促企画立案一日研修

03/09/2018

お客さま自らに喜んで行動していただける
行きたくなり、買いたくなる販促企画研修

 

価格比較や品揃え一覧がネット上のワンクリックで見られるようになったいま、価格訴求や品揃訴求だけではお客さまが店舗に足を運んでくださることはなくなりました。お客様が自らご来店いただき、購入行動をとってくださるには、お客さまの心の中に「行きたい」「買いたい」というタネがないとダメということ。つまり、これからの販促企画にはお客さまの「心を動かすこと」ことが必要不可欠なのです。

本研修ではビジネス心理に基づいた顧客心理の動かし方を具体的に学んでいただくのと同時に、すぐに実行可能な販促企画を立案していただきます。最後には、つくり上げた企画書を全員の前で発表し、他のグループや講師からのフィードバックを受け、さらなるブラッシュアップを図り、「実際に使える」企画としてお持ち帰りをいただきます。

 

 

こんな方にオススメ

  • 売上が減少し、なにか対策を打たねばと効果的な方法を模索している経営者や店舗責任者。
  • 行なっている販促企画がマンネリ化し、新しい企画を探している経営者や販促担当者。

 

研修のゴール

  • お客さま自らが進んで行動する販売促進企画の立て方を、ビジネス心理に基づいた視点から習得する。
  • 持ち帰ってすぐに使える販売促進案を作製する。
  • 多くのお客様にお越しいただきお買上げいただくことで、明るく活力がみなぎる会社にする。

 

研修カリキュラム

所要
時間
内容 狙い
15分

1.はじめに・アイスブレイク

①研修目的の説明
②1日の流れの説明
③ワーク形式のアイスブレイク
ファーストインプレッション・トーク
シチュエーション・トークなど
参加者の属性に相応しいものを実施

コミュニケーションを活性化させるアイスブレイクを行ない、研修に取り組みやすい雰囲気をつくる。
45分

2.失敗しない販売促進の考え方(講義)

①ゴールセッティング
・目指すゴール(集客数や売上)を決める
②コンテンツメイク
・集客が期待できるテーマを決める
③スリーファクター
・具体的に売上が計算できるところまで決め込む

一日かけて作っていく販売促進企画の骨格を、まずは講義として理解していただく。
10分 休憩  
50分

3.ゴールセッティング(グループワーク)

販売促進の目的を明確化し、すべてを数字で見える化していく。
①目的
②開催日程・開催場所
③売上
④利益
⑤集客数
⑥平均単価
⑦販促経費 など

販売促進企画に絶対に欠かせない「ゴール(目標)」をすべて数字で設定していく(この作業は慣れているので、意見が出やすい)。
10分 休憩  
50分

4.コンテンツメイク(グループワーク)

「行きたくなる」企画にするための、根本的な考え方を決定する。
①テーマ
②タイトル
③参加型にする方法
④競合での似た企画調査
⑤他業種での似た企画調査 など

お客様の心の動きを考え、お客さま自らが「行きたい」と感じるように、販促企画をコンテンツとして考える。
60分 休憩  
50分

5.スリーファクター1(グループワーク)

外してはいけない「プレムアム」「ニュース」「オファー」という3つのファクターのうち、集客を確実にするために「プレムアム」と「ニュース」を固める。
①プレミアム
・招待制などの特別感を出す
・限定などの希少価値を出す
②ニュース
・社会のニュース
・会社のニュース

目標とする集客数を確保するために、「プレムアム」と「ニュース」という2つのファクターを作り込んでいく。
10分 休憩  
50分

6.スリーファクター2(グループワーク)

ご来店いただいた方の「お買上げ」を確実にするために、質と量を意識して「オファー」を固める。
①オファー
・値引き
・オマケ
・保証

集客だけに終わらず、確実に目標の売上を達成するために、オファーをあらゆる方向から考え、決定する。
10分 休憩  
50分

7.プレゼンテーション

*1日かけて作った商品・サービスを発表する
*参加人数やグループ数によって発表方法は調整

まとめとして発表することで、フィードバックを得られるのと同時に、他グループの視点も学び、現場での実践につなげる。
10分

8.まとめと質疑応答

①振り返り
②気づきの共有化
③すぐに行動するステップ化

 

 

*上記は一日(6時間)研修のカリキュラムです。半日(3時間)でのアレンジも可能ですが、学習効果が高まるのは一日以上の研修です。
*連続二日間、毎月一度を三ヶ月、六ヶ月など長期のアレンジも可能です。


お問い合わせはこちらから